天使は奇跡を希う・感想

©七月隆文/文藝春秋

スポンサーリンク
スポンサーリンク

使は奇跡を希う・感想

瀬戸内海にほど近い町、今治の高校に通う良史のクラスにある日、本物の天使が転校してきた。正体を知った良史は彼女、優花が再び天国に帰れるよう協力することに。幼なじみの成美と健吾も加わり、四人は絆を深めていく…。これは恋と奇跡と、天使の嘘の物語。

「私を天国に帰して」彼女の嘘を知ったとき、真実の物語が始まる。

七月隆文さんの作品は「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」や「ケーキ王子の名推理(スペシャリティ)」を読んでいました。

ぼくは明日~、は実写映画化、ケーキ王子は漫画にもなっていますね。

賛否あるとは思いますが、私はこの作品がけっこう好きだなと思いました。

良いと思ったポイントを、感想とともに書こうと思います。

軽くネタバレしていますので、ご注意ください。

ラストは「田中将賀さん」

新聞に文春文庫の新刊が載っていまして、「どこかで見たことがある絵だ……」と思ったのですが、最初に思い浮かんだのは、あの花のめんまです。

「君の名は」の「田中将賀さんと書いてあったので、逆に、「え?『君の名は』って『あの花』と同じ方だったの?」と、ファンの皆様に怒られそうな驚きをしてしまいました。

君の名は、も勿論見たのですが、あの花と同じということに全然気づいていませんでした。

田中将賀さんが、あの花のキャラデザの方というのも知らず、ようやく、天使は奇跡を希う、で全部繋がりました(笑)

そういえば、ケーキ王子でもorangeの「高野苺さん」が表紙を担当されていらっしゃいましたが、その時の流行の絵師さんを取り入れる、という出版社の思惑でもあるのだろうか。

優花と良史のイラストがあるので、頭の中ではふたりのやり取りは完全に表紙のふたりです。

成美はみつはっぽい感じかなあーとか、健吾はイケメンらしいのでてっしーっぽいけど、てっしーよりもうちょっとカッコいいかなあーとか(失礼)

やっぱり、ちょっと頭の中で田中将賀さんキャラデザの子たちが浮かびます。

それが良いか悪いかは、読み手によってちがうのでしょうけれど、私はむしろ表紙が気になって読んだ方です。

タイトル文字も可愛い。

開きイラストからようやく始まるストーリー

前半は、優花と良史が今治の有名所を訪れたりと、聖地巡礼を意識した流れとなっています。(笑)

今治のタオル良いですよね!

優花に謎があるのは明らかで、いつ謎が出てくるのだろうか、と思って読み進めていますが、なかなか謎が出てくる気配がありません。

前半はちょっとだらだらしていて、つらいです。

優花は本当に天使なのか? 彼女の目的は、本当に天国へ帰ることなのか?

答えは3話目の終わり、中盤にしてようやく明らかになります。

奇跡を希うように、天を仰ぐ優花。

そのイラストが、ようやくこのストーリーが始まることを伝えているようでした。

3話目までは、プロローグと言ったところでしょうか。

優花視点へと話が移ると、話は一気に進み始めます。

後半が面白いと感じるのは、やはり前半がただただ日常描写が長く続いたからでしょうか。

しかし、後半を面白いと感じさせるのは、前半ありきだと思うので、構成としてこれで良かったのだと思わざるを得ません。

一ページの真ん中に、たった一行を書くことによって印象づける、という手法は、「文字で伝える」、という所からはちょっと離れているのかもしれません。

一般向けというよりは、ちょっとラノベよりでしょうか。

けれど、見開きの優花のイラストと、その一文によって、優花の叶えたい奇跡が、強く印象付けられたことは確かです。

なじみ4人

前半で仲を深めていく4人ですが、本当は最初から知り合いです。

優花のことを忘れていることによって、良史と成美が付き合っているのかなと思っていたのですが、どうやら、忘れる前からふつうに付き合っていたご様子。

優花からそう語られますが、ええ、意外だ……。なんでだ、ヨシくん、絶対ユーカのこと好きだよね……。

成美と良史が付き合っているというのも、ちょっと不自然な感じもするし、健吾に至っては明らかに成美が好きそうだし、と何となーく、受け皿が用意されている感じがしないでもない。

結果として成美視点の際に真相は分かるのですが、まあ、振られたと思ったから、成美と付き合ったってことだろうか……。それもそれで、良史はそれでよかったのか。(笑)

私としては、優花と健吾の、恋愛の生まれそうにない(笑)ふたりの小学生のようなやり取りも好きです。

やっぱり、優花と良史、成美と健吾の方がしっくりきます。

それにしても、全員良い子なのです。

じめられてそうと思ったら…

優花は意識して明るいウザキャラを演じていたようですが、天使になる前はいじめられて不登校だったそうです。

優花は実は亡くなっていて、生前はいじめられていたとかだったのかしら、と思ってましたが、意外と当たってた。亡くなったわけではないですけど。

その不登校の理由も、意外とリアル。

都会に憧れ、地元を嫌うということを隠さなかった優花は、周りからいじめられる……というか、浮き始めるというか。

大人になると、田舎で土いじりとか、ゆったり暮らししたくなるのに(笑)、若者って何か都会に憧れるんですよねー。なんでかなー。

優花の場合は、まあ、良史のことがあったので、都会への憧れだけじゃないんでしょうけれど。

都合主義、でもそれが…

正直、天使やら悪魔やら、実は良史が亡くなっている、とかやら、設定としては、それだけで読むのをためらう方も出てしまいそうです。さらに、今回のラストは優花は良史の記憶を取り戻し、悪魔との賭けに勝って、何もかもうまくいく、という、素晴らしいご都合主義っぷりです。

あ、あと、健吾も成美とうまくいきそう?

でも、読後に嫌な気持ちになる小説よりは、すべてうまくいって幸せな気持ちになれる小説の方が好きです。

読んだあと、すっきりした気持ちになれます。

なので、ご都合主義だとしても、それが好きな方、むしろそれを望んでいる方には良い本だと思います。

想まとめ

田中将賀さんのイラストが素敵。

ハッピーエンドが好きな方には良い本。

あんまり重たい話を好まない人向け。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク